思い立ったが吉日


思い立って行動したこと,感じたこと,書きたいことを書いていきたい
by ichigou85
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

クイーンエリザベス号寄港

3月15日、鹿児島港マリンポートにクイーンエリザベス号が寄港した。当鹿児島港には、年数回寄港する。
神戸港を発着するクルーズ、7泊8日の旅の途中に寄港したものである。鹿児島港の次の寄港地は韓国の釜山、そして広島、高知を経て神戸に寄港する。
今回は朝6:00入港、16:30出港と予定であった。
クリーンエリザベス号は、総トン数90,900t、総延長294m、幅員y区32m、乗客定員2,077名、21.7ノットである。船籍はバミューダとなっている。

で、珍しいし、前回見てなかったので、思い立って、写真撮りに行った。

出航時間までの1時間半ほどあれば十分とみていたが、何と何と、マリンポートに行く道路は渋滞も渋滞。反対路線も渋滞。引き返すこともできない。結局着いたのは出港の30分前。しかも船体が白黒のツートンカラーだし、逆光になるので、撮りづらい。
で、何とか撮ったのがこれ、
f0032366_10360472.jpg
f0032366_10372946.jpg

f0032366_10380605.jpg


ちなみに今回のクルーズの料金を調べてみた。完売していてわからなかったが、ベランダ・シャワー付きの船室で428,000円となっていた。平均的な価格である。が、そのほかに関税とか、上陸地での観光費用等を加味すると、結構な経費になりそう。
また、終日、海の上という日もあり、船内でいろいろなイベントがありそうだが、退屈しそう。


[PR]
# by ichigou85 | 2017-03-19 10:44 | Comments(0)

事情がある

10日ほど投稿しなかった。過去には、1か月2か月投稿しなくても平気であったが、投稿したくても今回は事情があった。
時は、そう、3月5日。一眼レフカメラを落として、レンズが壊れてしまったのである。経緯は次の通りである。この日はカメラを抱えて撮りに行くところがイベントが数か所重なっていた。一5日は第2回鹿児島マラソンが実施された。雨の中、マラソン撮っているときに、何と何とカメラを落としてしまい、レンズが割れてしまった。いつもはストラップを腕に絡めているのであるが、傘を持ち変えようとした途端ストンと落ちてしまった。シマッタ―と思ったものの「覆水盆に戻らず」気分が滅入ってしまった。数日ほったらかしていたのである。
で、気を取り直して、レンズを購入しようとするも、何と、量販店でも8、9万円する代物。結果、当面サブ機として購入したコンパクトカメラをつかうことにし、、カメラそのものを買い換えることにした。
           前日撮った写真
f0032366_17140391.jpg
壊れる直前の写真
f0032366_17131202.jpg
コンパクトカメラで撮った写真
f0032366_17181983.jpg
f0032366_17194030.jpg






[PR]
# by ichigou85 | 2017-03-14 17:25 | 写真 | Comments(0)

大型クルーザー寄港

鹿児島港マリンポートに入港する大型クルーザーが増加してきている。
つい数年前までは、年間50隻にも満たなかったのが80隻以上になっている。

中国の好景気に支えられて、中国国内の旅行ブームなのだろう。
前寄港地が上海だったり、後寄港地が釜山や長崎、済州等あちこちを回っているようだ。

鹿児島港への寄港も、桜島などの景観やマリーンポートでの接岸をしやすさもある、と聞く。
でも、入港は午前7:00前後、出港は16:00とか17:00あるいは18:00都かが多く、20:00とか22:00は少ない。
ましてや、一泊というのは年に1回あるか無いか である。
そういう時に、コスタ・セレーナ号が、14:00入港、20:00出港とかの二スケジュールで寄港した。

写真は、トワイライトタイムがあり、美しく撮れる時間だとか。
そういうことで、思い立って、マリンポートに撮りに行ってきた。接岸岸壁からの撮影もそこそこにちょっと離れたところから桜島を入れて撮る。そして、ライトが輝く船体の美しさを撮ろう、と。
で、撮ったのが下記の写真。トワイライトタイムを外れた時間の写真。つまり夜景写真は、三脚・レリーズを使用したにも関わらず失敗した。というのは、露出時間を長くしたことで、灯りがにじんでしまったことである。
また、いわゆるパンフォーカスにしなかったことである
今後の参考にするために、その失敗作品も載せよう。
今月も夜景が撮れるクルーザーが数隻寄港する予定である。失敗しても、又チャンスはあるので、色々試して見よう。
直、最後の写真。上部に一本の線が横切っているが、これは橋の上を通る車のライトの光跡である。
また、船と光跡の間にかすかに色彩がみえるが、これは海面に写った船の灯りが橋の裏側に写っているのである。わっかるかな?~ 。
f0032366_16451537.jpg
f0032366_16432869.jpg
f0032366_16460001.jpg
f0032366_16491660.jpg


[PR]
# by ichigou85 | 2017-03-05 16:56 | 写真 | Comments(0)

鹿児島神社神舞

先月18日鹿児島神社で春季例大祭が行われ、神舞が舞われるということで、穏やかな春の陽射しでもあることから
思い立って見にいった。
鹿児島神社は、鹿児島市の草牟田にある。近くには護国神社、島津家の別邸玉里別邸がある。
由緒板によると
豊玉彦の命やトヨタマヒメなど、要するに海幸彦、山幸彦などの海の神様を祭っている社で、
藩政時代は、一之宮神社、川上天満宮と並ぶ鹿児島三社の一つで、殿様が参拝していた。
鹿児島湾に浮かぶ神野瀬の小島に祭られていたものを移設したという説、霧島市隼人町に、鹿児島神宮(昔は鹿児島神社)があり、また、垂水市にも鹿児島神社があり、この三神社を結ぶと二等辺三角形に、また、桜島がその中にすっぽり入るという。で、祭神は桜島であるという説もあるという。
ほか、詳しくは書かないが、由緒板には、甲突川の名前の由来にも関係している、など、へぇ~と思られることが述べられている。
それはさておき、神事のあと、神舞披露された。この神社では年4回の例祭があり、また、4種類の神舞がある。この日は、そのうちの鬼神舞と田ノ神舞で、前者が10分程度、後者が20分ほどであった。神舞の何たるかわからない小生にもその舞の発する迫力などが伝わってきた。いずれも、宮司が舞うことになっており、終わった後、面を脱いだ顔面は汗がびっしょり。熱演であった。
ふるまってもらった甘酒がおいしかった。

f0032366_09550814.jpg
f0032366_09555142.jpg
f0032366_10010679.jpg
f0032366_09562271.jpg
f0032366_10014522.jpg
f0032366_09574444.jpg


[PR]
# by ichigou85 | 2017-03-01 10:44 | Comments(0)

梅それぞれ

今年はどういうわけか、梅の開花が気になっている。
で、あちこちの梅園を覗いてきた。
錦江湾公園、県立吉野公園、、児玉美術館、都市農業センター、藤川天神、久留須梅、等々

当然、まだ開花間もない時から満開に近い状態のまでである。
                  
                  吉野公園紅梅
f0032366_20300158.jpg
                 錦江湾公園白梅

f0032366_20341209.jpg
錦江湾公園紅梅
f0032366_20344547.jpg
f0032366_20341209.jpg
藤川天神近くの久留須梅園
f0032366_20385205.jpg
                       都市農業センターの白梅(玉英)
f0032366_20410649.jpg



[PR]
# by ichigou85 | 2017-02-26 20:43 | Comments(0)

H29.2.19 鹿児島神宮初午祭

好天に恵まれた19日、鹿児島神宮で初午祭があった。
孫の守りを頼まれたため、今年の写真撮りは無理かなと思ったが、思い立って孫を連れて行ってみた。
案の定、人出が多く、迷子になりそうなので孫の手は離せない。あまつさえ、怖いためか大きな馬の踊りには近寄らず、出店のオモチャに眼がいって動こうとしない。やっぱり・・・・
ということで、ほとんど撮ることはなかった。それでも、折に触れてシャッターを押した。
その中から、数葉を・・・・
新聞情報によると、今年は、ポニィを含めて22頭が参加し、人出は10万人以上だったとか。
f0032366_12395379.jpg
f0032366_12393066.jpg
f0032366_12401527.jpg

[PR]
# by ichigou85 | 2017-02-21 12:44 | Comments(0)

河津桜

鹿児島市で河津さくらが見られるのは、最近になって多くなってきた。
鹿児島県立吉野公園ではわずか1本であったが、園内に数本が植えられてきた。

先般、強烈な寒波が到来して、この数日ようやく寒さもや和らぎ、天候も晴天。
で、思い立って、吉野公園に行ってみた。見頃も見頃。梅公園も白梅、紅梅も花開いている。
が、メジロがほとんど見られない。

昨年は、休憩棟の窓のすぐそばの枝に複数のメジロが寄ってきて、苦労することなく、シャッターを押すことができた。にも拘わらず、今年は、数羽が飛び交っている程度。しかも遠い枝に。撮ろうとすると、河津さくらや枝が邪魔してなかなかシャッターが押せない。ようやくシャッターを押しても、メジロが小さく写ってしまう。
ということで、帰りに石橋公園の河津さくらも見てみよう、と立ち寄った。ここにもメジロは来ない。
結婚式を迎える二人が和服姿で写真の前撮りをしていた。(登載することについては、了承を得ている)

f0032366_22144110.jpg
f0032366_22163139.jpg
f0032366_22152369.jpg
f0032366_22170803.jpg

[PR]
# by ichigou85 | 2017-02-15 22:38 | 写真 | Comments(0)

H29.2.11 お伊勢講

南さつま市大浦町片浦でお伊勢講があると聞いて出かけた。
その日は、最強の寒波襲来で生憎の悪天候。道路交通情報によれば、予定していた経路は積雪・凍結のためチェーン規制がかけられている。チェーンは持っていることは持っているが、何だか面倒くさい。
で、遠回りするしかないか、と思案したが、昼間だし、とにかく行けるだけ行ってみて駄目だったら引き返そうと、突っ走った。案の定、いつもの雨の日と変わらず通過できた。

ところで、お伊勢講であるが、大浦町や隣の笠沙町では、お伊勢参りするための路銀を調達しようとして各集落にお伊勢講ができたのが始まりである。その後お伊勢参りが困難となり、お伊勢講の名のもとに神幸行列に変化していったものである。
片浦のお伊勢講が有名なのは、この神幸行列には集落の若者たちがキツネや天狗、鬼の面をかぶり、女装して起伏のある細い路地を通り集落内を練り歩くため、奇異なというか独特の伝統行事となっているからである。他の集落は、こういう形は取っていない。何故女装するかと言えば、神様が女の神様であるためとされている。
この神幸行列は、浜下り神幸を兼ねていること、この行列に参加することで青年団への加入が許される、いわば大人の仲間入りでできる重要な行事となっている。らしい。
この者たちが担いでいるのは薙刀や長い方などであるが、これで頭などをなぜられると、無病息災でいられるとのことである。
初めて見に行ったが、なかなか面白いものであった。
f0032366_12161980.jpg
f0032366_12203388.jpg
f0032366_12173474.jpg

f0032366_12200295.jpg


[PR]
# by ichigou85 | 2017-02-13 13:18 | 写真 | Comments(0)

立春の頃

2月4日、立春を迎えた。
立春と言ってもまだ寒さの真っ只中である。
歌で、♪春は名のみの 風の寒さや~♪というのがある。
まさにその通りである。
立春とは、冬至と春分の日のちょうど中間点に当たる。つまり一番寒い時季に当たり、この日から春に向かう、ということである。同じように、立夏と言えば、春分の日と夏至の中間である。
今日から春ですよ~と言われてもピンとこない。
前にも書いたことがあるが、日本では春と言えば、この立春からであるが、ヨーロッパでは、春と言えば、春分の日からである。という。それを聞いてへぇ~と驚いただけで、調べたことはないから、真偽の程はわからない。
よく、もうすぐ春ですね、とか、春がすぐそこに来ていますね、と言われるが、そこで言われる春は春分の日以降のことを指しているといってよい。いずれにしろ、立春をもって暦上春である。
ということで、春の先駆けとして代表される梅と早咲き桜。河津さくらやカンヒ桜、伊豆の踊子という品種となる。
ということで、天気が良いと、今日はあそこの桜は、今日はあちらの咲き具合はどうか、と思い立って出かけて行っている。
結論から言うと、2月5日現在では、桜が、1~2分咲きといったところ。梅は寒梅では見頃を過ぎたかな~といったところで、遅咲きの梅はこれからといったところ。今からこまめに撮りに出かけることになりそう。というのは梅に鶯ならぬメジロまだ撮ってないので・・・・・

で、写真は、上一葉が、錦江湾公園のカンヒ桜で、4日に撮影したもの。バックのバスは、隣接する平川動物園のシャトルバスで時間調整のため停車していたもの取り入れた。
河津桜は、6日の石橋公園で撮ったもの
紅梅白梅は、6日錦江湾公園で撮ったものである。

f0032366_23303400.jpg
f0032366_23323783.jpg
f0032366_23415394.jpg
f0032366_23332254.jpg

[PR]
# by ichigou85 | 2017-02-06 23:45 | 写真 | Comments(0)

海王丸の寄港

海王丸が鹿児島港に寄港している旨、新聞で知った。
この数年、寄港に伴って写真撮りに行っている。
ちなみに、夜景の海王丸の写真は、昨年2月7日付けのブログを登載している。

今回の寄港での撮影は、夜景の写真は皆が撮っているので、自分はあまり撮っていないであろう明け方の海王丸を撮ろうと思った。

ただ、日の出は桜島のずーと南の高隈山系からのぼるので、桜島の山影は入らないだろうとの予測。実際現場ではその通りであった。
 
朝目覚めて、早速空を眺める。星は出ていない。曇りだ。で、朝焼けを期待する。が、東の空は雲の細い切れ目があるだけで、それより上空は雲に覆われている。
で、我慢して雲の隙間からの日の出を撮ったのがこれ。
翌日の出航の日の朝は、雲もなく、撮影日和だったようであるが、朝寝坊してしまった。

2時の出航時に答しょう礼があるかと思い、港に向かった。が、何と何と、充電のためバッテリィをカメラから外していた。慌てて家に・・・引き返して港に着いたときは出航直前。が、答しょおう例がないまま出航してしまった。何故だろうとの問いに
 ある人曰く、ちょっと風があったから 、、ある人曰く、今回の訓練生は新入生で、マストに上らせるのは時期尚早だとか・・・・

というわけで、海王丸を撮った写真は次のとおりで~す。

f0032366_18434598.jpg

f0032366_18454860.jpg
f0032366_18472628.jpg
f0032366_18474958.jpg

[PR]
# by ichigou85 | 2017-02-03 22:07 | 写真 | Comments(0)

最新のコメント

今年も、この応募要領は変..
by ichigou85 at 18:03
レンズを水槽のガラスに密..
by ichigou85 at 10:15
水族館のガラス越しとは思..
by kunio090612kh at 12:58
こんにちは。ご無沙汰はお..
by hiro-hiro1935 at 15:35
こんにちは。同じタイトル..
by hiro-hiro1935 at 21:52
こんにちは。ご無沙汰して..
by hiro at 16:51
あけましておめでとうござ..
by 326 at 21:49
ヒロさん,こちらこそご無..
by ichigou85 at 13:45
ichigou85・さん..
by hiro-hiro1935 at 15:58
石楠花 きれいですね。 ..
by oohay7901 at 10:08

メモ帳

霧島たより
南国の低山

最新のトラックバック

ライフログ

ファン

ブログジャンル

カメラ